ダイワ保険は全ての保険を扱う総合保険代理店です。アメリカにお住まいの方をサポートします。
個人のお客様 法人のお客様 各種お手続き Q&A お見積もり
保険記事

第17回 自動車保険: 車の使用目的

自動車保険は車の使用目的に応じて料金、プランが違います。間違った使用目的で登録されていると後で問題になる恐れがあります。間違いなく保険適用してもらうためには、正確に保険に加入する必要があります。まず自動車保険の種類は大きく分けて商業用(Commercial)と個人用(Personal)に分かれます。

商業用は文字通り車をビジネスのために使う車です。会社所有の車は勿論、個人所有の車でも人や物をビジネスのために運んだりする場合は商業用として加入しなければなりません。業務内容によっても更に料金が大きく違ってきます。商業用に使う車を個人用保険で加入していると保険が適用されませんのでお気を付け下さい。逆に個人用として使う車を会社名義で購入された場合には、個人用の保険が加入出来ないことがあります。その場合は個人用車でも商業用保険に加入することになります。

個人用の保険の中でも更に使用目的を明確にしなければなりません。Commute、Pleasure、Business、Farmなど自分の使用目的に応じて料金が決まります。

- Commuteは通勤、通学に使う場合です。通勤、通学距離に応じても料金が変わります。
- Pleasureは通勤、通学に使わず、ビジネスにも使わない場合です。主婦、退職、無職者など。
- Businessは個人の車を仕事に使う場合です。営業に使う場合など。但し、人や物を運ぶような場合は商業用保険になりますので、詳しい使用目的をエージェントにお伝え下さい。
- Farmは農牧に使う場合

保険会社によって規定、料金が違います。保険加入時に正確な情報を伝えて加入して下さい。自家用車をビジネス目的に使っていながらCommuteやPleasureとして保険加入しているケースをよく目にします。保険会社は加入時にはどういう使用目的かを確かめることができませんので、虚偽の情報でも加入出来ますが、事故が起こってクレームを出した時点で調査します。その結果ビジネスに使っていたことが判明すると保険が適用されない恐れがあります。

加入後に使用目的が変わった場合にも必ず報告しましょう。例えば、Businessとして使っていた車を途中から通勤のみにしか使わなくなったのであれば、報告すれば保険料が安くなります。保険の期間中でも報告した時点から変更可能ですので、忘れずに報告して下さい。