ダイワ保険は全ての保険を扱う総合保険代理店です。アメリカにお住まいの方をサポートします。
個人のお客様 法人のお客様 各種お手続き Q&A お見積もり
保険記事

第36回 複数保険加入割引について (Multi-Policy Discount)

複数の保険に加入する事によって割引を適用する保険会社が多くあります。上手く利用すると大きな節約にもなります。全ての保険会社で適用している訳ではありませんが、適用可能な場合は利用する価値は十分あります。

一番良く利用されるのが、自動車保険と家屋保険の組み合わせです。自動車保険と家屋保険を同じ保険会社で加入すると、どちらか一つ又は両方の保険に割引が適用されます。同時に加入する必要はありません。先に自動車保険に加入し、後に家屋保険に加入すると家屋保険に加入した時点から自動車保険に割引が適用されます。

家屋保険は持ち家の方の保険だけでなく、コンドやタウンハウス保険、更にアパートや家をレントしている人はレンター保険でも適用可能です。(注:保険会社によってルールが違います)現在レントしている方でレンター保険を持っていない方もいると思いますが、レンター保険に加入する事によって自動車保険が大きく割引される事もあります。実際にあったケースをご紹介しましょう。

(例1)車3台分でフルカバーに加入した場合
 
(1)自動車保険のみの場合: 年間 $3,015.00

 (2)自動車保険とレンター保険を組み合わせ割引適用した場合
自動車保険: 年間 $2,596.00
レンター保険: 年間 $201.00
総額: 年間 $2,797.00

 上記の例では、レンター保険を追加する事で複数保険割引が適用され、レンター保険の費用を払っても逆に安くなったケースです。

(例2)ホームオーナー保険と自動車保険の組み合わせ
 
(1)別々の会社で加入した場合
ホームオーナー保険(A社): $1,263.00
自動車保険(B社): $1,283.00
総額: $2,546.00

 (2)一つの会社にまとめて割引適用した場合
ホームオーナー保険(A社): $949.00
自動車保険(A社): $1,290.00
総額: $2,239.00

上記の例では、自動車保険をB社からA社に変更する事で値上がりするのですが、ホームオーナー保険での複数保険割引が大きい為、総額では(1)のケースよりも安くなります。

必ずしも一つの会社にまとめた方が安くなるとは限りません。別々に加入した方が安い場合もあります。詳しくはエージェントにお問い合わせ下さい。