ダイワ保険は全ての保険を扱う総合保険代理店です。アメリカにお住まいの方をサポートします。
個人のお客様 法人のお客様 各種お手続き Q&A お見積もり
保険記事

第43回 事故処理 Q&A

Q: 駐車場でバックしている時に通路を走っている車にぶつけてしまいました。警察に電話をしたのですが、キズが小さく怪我人もいない為に自分達で情報交換をするように言われました。相手のキズが小さいので保険を使わずに実費で相手の修理費を支払う予定でしたが、修理の見積もりが思った以上に高いために保険を使うかどうか迷っています。見た目には小さなキズだったと思っていたのですが、$650と提示されています。

 Q1.これは100%私の過失になるのでしょうか?相手もこっちの車が出てきているのに気付かなかった過失があると思います。

 Q2.修理費が高いと思うので、私の知り合いの修理工場で見積もりしてもらうようにできますか?
 
Q3.修理中のレンタカー費用、レンタカーの保険、ガソリン代の費用なども要求されています。支払うべきでしょうか?

 Q4.保険を使うべきでしょうか?

A1: こちらがバックで出ている時に通路を走っている車に当ててしまった場合は、殆どの場合こちらの過失となります。相手も注意していれば事故にならなかったかもしれませんが、優先権的に見ても不利だと思います。

A2: 示談で処理する場合にはお互いが納得する方法でなければなりません。相手に他の修理工場でも見積もりを取ってもらうように頼むのは良いでしょうが、相手はそれに同意しないかもしれません。修理工場は保険を使う場合にも自由に選ぶ事が出来ます。

A3: 修理中のレンタカー代も支払う必要があります。保険を使う場合にもレンタカー費用は補償されます。しかし、レンタカーに対する保険、ガソリン代は通常支払う必要はありません。相手側にも予め通達しておきましょう。レンタカーは相手側の車と同等かそれ以下のグレードの車を選んでもらうようにしましょう。

A4: $650の修理代であれば、保険を使わずに示談をお勧めします。保険を使い、事故歴が残った場合には保険料が値上がりします。通常3年~5年ぐらい記録が残りますので、3年分の値上がりを考えると$650を支払った方が良いと思います。ただし、相手との交渉が上手くいかない場合、相手が怪我をしている場合、相手が不当な金額を請求している場合などトラブルになる可能性がある場合には最初から保険で処理をする方が良いでしょう。