ダイワ保険は全ての保険を扱う総合保険代理店です。アメリカにお住まいの方をサポートします。
個人のお客様 法人のお客様 各種お手続き Q&A お見積もり
保険記事

第50回 自動車保険 ~状況によって大きく変わる料金

自動車保険の料金は変動する事が多く、常に特定の一社が安いという事はありません。
知り合いがA社で格安で加入しているからと言って、自分もA社が安く出るとは限りません。保険の料金は多くの要素によって違ってきます。年齢、性別、既婚・未婚、住所、アメリカでの運転年数、日本又はアメリカ国外での運転年数、事故・違反歴、車種、使用目的、通勤(通学)距離、年間走行距離、カバー内容など、全てに影響します。

ある5社で料金を比較した場合

例1)45歳、無事故・無違反、車一台、フルカバー
A社 $950.
B社 $1,000.
C社 $1,200.
D社 $1,600.
E社 $2,300.

例2)例1を車を2台にした場合
A社 $1,700.
B社 $1,500.
C社 $2,000. 車が2台の場合はA社よりB社が安くなりました。
D社 $3,000.
E社 $3,200.

例3)例1で家屋保険を加入して複数保険割引を適用した場合
A社 $950.*
B社 $950.
C社 $900. C社の割引率が一番高く、一番安くなりました。
D社 $1,600.*
E社 $2,300.* *割引無し

例4)例1で過去に人身事故が2回あった場合
A社 加入不可
B社 加入不可   A,B,C社では加入出来ません。
C社 加入不可. D社は倍以上の金額になるのに対し、E社は3割増しぐら
D社 $4,200. いで一番安くなりました。
E社 $3,000.

 上記の例のように状況によって安く出る会社が違います。保険会社の広告で他社との料金比較をしているのは、例のように自社が一番安くでるように設定しているからです。賢く保険加入するには定期的に見直しをする事とお勧めします。安ければ良いと言う訳にもいきませんので、経験のある代理店に依頼し、信頼ある保険会社の中から自分にあった保険を探してもらって下さい。