ダイワ保険は全ての保険を扱う総合保険代理店です。アメリカにお住まいの方をサポートします。
個人のお客様 法人のお客様 各種お手続き Q&A お見積もり
保険記事

第72回 ティーネージャーへの運転教育

ティーネージャーの子供を運転者として自動車保険に追加すると保険料金が非常に上がります。理由はお分かりだと思いますが、事故率が大変高いからです。The Insurance Institute of Highway Safetyの統計によりますと、16歳から20歳までの年齢層の事故率が一番高いようです。2006年のデータでは、5156人のティーネージャーが事故により死亡しました。他の車に同乗して死亡したティーネージャーの62%は、同じくティーネージャーが運転していた時に起こっています。

ティーネージャーの運転の5つの問題点は、
1.飲酒運転
2006年の死亡事故のうち、男性31%、女性17%は飲酒運転でした。
2.スピードの出しすぎ
他の年齢層に比べ圧倒的にスピード関連の違反、事故が多いようです。
3.夜間の運転
44%の死亡事故は9pmから6amの間に起こりました。
4.シートベルト
ティーネージャーは他の年齢層よりもシートベルト着用率が低いようです。特に同乗者がいる時に着用しない場合が多いようです。
5.週末の運転
54%の死亡事故は金曜日から日曜日の間に起こりました。

親が出来る事として、
• 安全な車を選ぶ。Airbag、Antilockブレーキ付きの車を選ぶ
• 免許を取得した後も定期的に運転教育をする。
• シートベルト着用を義務。同乗者として乗る時も同様。
• 同乗者の人数を規制する。
• 運転中の携帯電話、テキストを禁止する。
• 夜間の運転を規制、門限を決める。

運転歴が浅くただでさえ事故を起こしやすいのに、同乗者との会話に夢中になったり、携帯電話やテキストなど気が散るような要素があると事故率は上がります。運転に集中する事を常に伝え、大事な子供が事故に遭わないようにしたいですね。

統計データ:The Insurance Institute of Highway Safety, 記事引用:Travelers Insurance、